吉田 啓太

僕らの人生を楽しくする情報ウェブマガジン

サイト訪問済みのFacebookユーザーに広告を表示させる方法

f:id:keitayoshidasurf:20170706143337j:plain

検索エンジンで探していた商品やサービスが、いつの間にか自分のブログやSNSに広告として表示されることってありますよね。楽天Amazonの商品が良い例だと思います。

 

これは、「リマーケティング広告」と呼ばれ、Facebook広告でも利用することができます。

 

ターゲットが、検索エンジンで情報を探した結果、あなたのウェブサイトに、欲求を満たす商品やサービスがあることを確認します。

 

その後、このターゲットに対してFacebookで商品の広告が表示できれば成約率のアップが期待できます。実はこの「リマーケティング」が最も費用対効果の高い、広告出稿方法です。

 

例えば、あなたが楽天市場で、洋服を買いたいと思い、商品ページを訪れたとします。すると、楽天市場に仕込まれているFacebookピクセルが、あなたの訪問履歴を記録します。

 

 

他の洋服も見てから考えようと思って商品ページから離脱したり、別のものに興味を出てその洋服を結局買わなかったとします。そうすると、その洋服の商品ページには、二度と訪問しないかもしれません。よっぽどお気に入りの洋服でもない限り、もう一生その商品ページを見ることはないでしょう。

 

そして、次にあなたはFacebookにアクセスしたとします。

 

すると、以前あなたが買わなかった洋服が、Facebookのフィードに広告として表示されます。

 

「あ、あの時の洋服だ!」

 

この「リマーティング」をすることで、商品の販売者は顧客の取りこぼしを未然に防ぐことができます。そして楽天Amazonといった大企業ではなく、誰でも簡単に、この「リマーケティング」ができるのが、Facebook広告なんです。だからこそ個人事業主に是非活用して欲しいと思います。

 

この「リマーケティング」は、Facebookピクセルによって可能になります。

 

Facebookピクセルとは、顧客データを収集するツールで、今やありとあらゆるWEBサイトに秘かに設置されています。

 

これを設定しておくことでWEBサイトの訪問者のデータを、永遠に溜め続けることができます。

 

今後は、Facebookピクセルで、どこよりもたくさんのデータを貯めることができた個人や企業が、インターネットマーケティングの世界で、圧倒的な収益を収めることができる時代が来ます。

 

ですから個人事業主には特に、Facebook広告についての勉強をして欲しいなと思います。

 

ちなみに、ディグリードで、Facebookピクセルについて詳しく学べます。

DEGREED

 

参考記事

www.google.co.jp

 

関連記事

keitayoshida.com