読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田 啓太

僕らの人生を楽しくする情報ウェブマガジン

【日本人がお金を扱う人に対して嫌悪感を抱くのは、 歴史からみて当たり前の話】

もしかしたらあなたも、
お金を請求するときに躊躇したり、
相手から売り込まれたりすることが

「嫌だ」と感じたことはないでしょうか?

 

実は、

日本人がお金を扱う人に対して嫌悪感を抱くのは、
歴史からみて当たり前の話なのです。

 

日本は江戸時代に「士農工商」という

身分格差がありました。

 

商人が一番下というのは

近年間違いだったという説が有力のようですが、
商人は武士よりも低く扱われていたのは事実です。

 

すでに江戸時代から、

お金を扱う人は「身分の低い人」という考え方が

日本人にはあるのです。

 

そんな歴史を持つ日本で、

欧米のマーケティング手法や

セールス法を実践しても、

残念ながら嫌われることが

ほとんどでしょう。

 

日本人には、

日本人なりの方法があるのです。

 

では、日本人に嫌われずに、
上手に売るにはどうすればいいのでしょうか?


この方法を考えついた男性がいます。
彼はなんとその方法を使い、

電話だけで1億7000万円を売上げたのです。

 

その方法を、

初めてインターネットで

無料公開しているようです。


もしあなたが、

「嫌われずに商品を販売したい」と思うなら、
1度は見ておいてください。


http://directlink.jp/tracking/af/1466331/UBdmKmdH-JTt17LSM/